'."\n";?> 歯医者での治療費について知ろう

歯医者での治療費について知ろう

歯医者の料金のポイントは保険

歯医者の治療費についてしっかり把握している方は意外にも少ないでしょう。

 

頻繁に歯医者に行く方であれば、
どの治療にはいくらの治療費がかかるということはインプットしているはずですが、
そうでないならば、あまり頭には入れていないはずです。

 

まず、歯医者の治療費で大きなポイントになるのが、保険が適用されるかどうかです。

 

保険が適用された場合は、医療費は3割負担となりますが、
保険適用されない治療法であることや保険証がないとなると、全額負担をしないといけません。

 

保険が適用される治療については、
悪くなった歯を噛めるようにするための治療と覚えておけば良いでしょう。

 

そのため、美容目的のホワイトニング治療は該当しません。

 

保険が適用されない治療の料金について各歯医者で好きに決めて良いため、
比べると料金開きがあることが多いです。

 

しかし、目安となる部分はしっかりあります。
保険適用で虫歯の治療をした時には、1500~3000円程度かかると認識しておけば問題ありません。

 

保険適用外の場合だと、5000〜50000円までと幅広くなります。

 

どんな治療でも軽度である時と重度である時の治療費は異なるものであり、
重度になると治療費は高くなってしまいます。

 

そのため、料金をできるだけ抑えたいと思う方は、
できるだけ早めに治療をするのが望ましいと言えるでしょう。

 

特に保険適用外の治療に関しては、料金が跳ね上がるため、意識しておかないといけません。

 

歯医者でどんな治療をする時でも、
どれぐらいの治療費なのかを考えることによって、歯医者同士の比較も容易にできるようになります。

歯科医療費の医療控除について


歯科の医療費は、治療の内容にもよりますが比較的高額な場合が多くあります。

 

そこで、見逃されがちなのが、
ある一定の条件を満たすことによって、確定申告時に医療控除を受けることができます。

 

これは、他の疾病、怪我による医療費との合計が10万円を超えた場合、
医療控除として一部の金額を返還してもらえます。

 

一般の会社員の方などは年末の控除を会社で行ってくれるので、
なかなかこの医療控除の為の確定申告を行わない場合が多い様です。

 

では、10万円以上の医療費以外の条件に関して説明します。

 

先ず、一般的な歯科の治療であることが第一の条件となります。
歯科治療の中の保険のきかない自由診療や、
高額な一般的ではない素材を用いた治療で、
著しく高額な治療は医療控除には認められません。

 

一見高額な、金を使った治療に関しては、一般的な治療の場合なので認められます。

 

また、歯列矯正などは、
矯正を行う目的が容ぼうを美化する目的では医療控除として認められません。
成長段階にある子どもの歯列矯正などは医療控除として認められます。

 

意外なことかもしれませんが、歯科に通院する際の交通費は医療控除として認められます。
小学生など子どもの同伴者の交通費も含めることができます。

 

気をつけなくてはいけないのは、電車などの交通機関を利用した場合、
領収書がないため診察券などに日付とかかった交通費を記入しておくことが必要です。

 

また、自家用車のガソリン代は医療控除として認められません。

 

そのほかにも、歯科ローンや年をまたいで治療を受けた場合など、細かい決め事があります。

 

医療費の一部が返還されるので一度国税庁のホームページを確認することをお勧めします。

更新履歴